機能一覧

 
チャージバック保証
チャージバック保証

チャージバック保証

受注時・チャージバック発生前・確定後と、各段階でアプローチを行い、チャージバック発生を最大限抑制します。万が一チャージバックが発生してしまった場合も、VisaとMasterを対象に保証されます。オンラインショッピングの需要が年々高まるとともに、チャージバック被害も増大しています。適切な対策を行うことで会社の利益に貢献します。

3Dセキュア(バージョン2)

海外で主流となっているバージョン2は、安全と判断された取引は通常のスムーズなお買い物のままです。確認が必要となった取引の場合も、お客様に行っていただく操作はSMS認証のみ。違和感を与えないので、最大限カゴ落ちを抑制します。また3Dセキュアを利用した決済は、不正が起きてもチャージバックとしてカウントされません。お客様にも加盟店様にも安心してご利用いただけるメリットがあります。Javascript で接続も簡単です。

3Dセキュア(バージョン2)
3Dセキュア(バージョン2)
 
AI不正検知サービス
AI不正検知サービス

AI不正検知サービス

AIを活用した不正検知サービスです。日々、国内外の不正傾向を自動学習しています。不正傾向を自動学習します。従来の不正検知はブラックデータをもとに、「白」か「黒」か「グレー」かを判断していました。このようなデータベース型の不正検知では不正を予測することは難しいです。当製品はデータベースとの突合だけでなく、10年以上蓄積された不正購入パターンからAIが予測します。これによりすべて自動判定が可能になり、注文内容の目視確認は不要になります。最新の不正対策が可能になっただけではなく、人的リソースの削減も見込まれ、運用負荷が抑えられます。

 

チャージバックコントロール

チャージバック発生率を抑制するために、チャージバック確定前・確定後に機能するサービスです。日本初上陸となる本サービスですが、海外ではチャージバックの発生率を抑える手法として普及し始めています。チャージバックの発生は、短期的には売上利益に影響を与えますが、中長期的には決済手数料の値上げや最悪の場合決済ラインの停止の可能性もあります。継続的なECサイト運営のためには、チャージバック率を意識しなければならない時代になっています。

チャージバックコントロール
チャージバックコントロール
 
自動属性確認
自動属性確認

自動属性確認

属性確認とは、ご注文者様のお名前・ご住所・お電話番号がクレジットカード会社に登録されているものと全て一致するかの照会です。不一致を感知したカード会社や、カードホルダーからの利用不知の請求申し立てたの際に、アラートで知らせてくれます。これにより、チャージバック確定前までに、適切な回避策を打つ時間的余裕が確保できます。API 連携で接続も簡単なうえ、サイトデザインには影響を及ぼしません。

 

​請求明細検索

ECサイト名とクレジットカード利用明細に記載される請求先名が完全一致していない企業様向けのサービスです。「あれ?こんな買い物したかな?」と、カード利用明細を見て不審に感じたことはございませんか?そのままカード所有者が「こんな買い物してない!」とカード会社に申し出た場合は、チャージバックにつながってしまう可能性があります。当サービスは、利用明細に記載される請求先名​を調べられるサービスで、本人利用のチャージバックを軽減させます。

請求明細検索
請求明細検索
 
ビジネスミーティング

イーディフェンダーズで

総合不正対策をはじめてみましょう